お問い合わせ・ご相談はお気軽に

大阪市天王寺区真田山町2-2東興ビル102

スポーツ障害とは

スポーツ障害とは、スポーツによって繰り返される過度の負担が積み重なって、痛みを主とした慢性症状が生じた状態です。

軽いものは運動時のみの痛みですが、重症になると日常生活にも困難を伴うようになります。

スポーツ障害の種類

オスグッド病

小学校高学年から中学生ぐらいの激しいスポーツをする発育期によく起こる膝の病態です。

男子に好発しやすく、脛骨粗面(ヒザの下の少し突出した部分)に圧痛があり、飛んだり、跳ねたり、ボールを蹴ったりすると痛みが出やすく、進行すると隆起が見られます。

膝の屈伸や正座などでも痛みを感じますが、腫脹、発赤等の炎症状態が少ないのも特徴的です。

 

一般的には、成長期にある一過性の病態であり、スポーツのやり過ぎ、柔軟性不足と言われていますが、骨盤を調整し、脛骨粗面を引っ張っている太腿四頭筋の緊張を緩めることで症状は緩和していきます。

患部へのアイシング(練習後)は特に重要です。

 

 

テニス肘

肘関節の外側にでる痛みで、中年以降のテニス愛好家に生じやすく、テニス肘と呼ばれていまが、パソコンの使い過ぎなどによっても発生します。

ものをつかんで持ち上げる動作やタオルをしぼる動作をすると、肘の外側から前腕にかけて痛みが出現し、多くの場合、安静時の痛みはありません。

 

エルボーバンドと呼ばれるサポーターを装着するのが一般的ですが、肘関節の調整をすることで症状は緩和していきます。

運動後のアイシングがとても重要で、ストレッチをしても改善することはあまりありません。

 

 

 

ジャンパー膝・膝蓋靭帯炎

ジャンプや着地動作を繰り返す競技(バレーボール・バスケットボール・ダンス)や、キック(サッカー)やダッシュを繰り返す競技で多く見られる障害です。

ジャンプやダッシュで膝関節の屈伸運動を繰り返し行った結果、大腿四頭筋の緊張状態が続くことになり、硬くなった大腿四頭筋がお皿の骨を介して、膝蓋靭帯まで引っ張り続けるため、徐々に微細な損傷が重なって痛みがでます。

最初は運動後の痛みが運動中も痛くなり、ひどくなると日常生活でも痛くなります。

 

一般的には、成長期にある一過性の病態であり、スポーツのやり過ぎ、柔軟性不足と言われていますが、骨盤を調整し、脛骨粗面を引っ張っている太腿四頭筋の緊張を緩めることで症状は緩和していきます。

患部へのアイシング(練習後)は特に重要です。

シンスプリント

シンスプリントは反復する運動によって起こるすねの内側に発生する痛みで、別名は脛骨過労性骨膜炎とも呼ばれます。

陸上競技の長距離、短距離、跳躍種目やマラソンランナー、ジャンプ動作の多いバスケットボール、バレーボール、サッカーやバレエ、新体操などにも多く発生します。

シンスプリントは足のアライメントや運動量の変化、グランドや床の硬さ、靴の状態なども発生に関連しており、これらの改善が重要になります。

 

投球障害 (野球肩・野球肘)

「投球障害」とは「野球肘」や「野球肩」と言われるような、ボールを投げることにより起きる障害のことです。

野球肘・野球肩は、野球をする中で悪いフォームでの投球や、過度の投球、コンディショニング不足によって、肘や肩に負担がかかることによって起こります。

特に肩は全身のバランスから様々な影響を受けるため、身体全体のバランス調整が必要になります。

ランナー膝

ランナー膝はランニングによる膝関節周辺のスポーツ障害の総称で、代表的なもののランナー膝は腸脛靱帯炎です。

膝の屈伸運動を繰り返すことによって腸脛靱帯が大腿骨外顆と接触して炎症を起こし、痛みが発生します。

特にマラソンなどの長距離ランナーに好発します(ほかにバスケットボール、水泳、自転車、エアロビクス、バレエ等)。

接地の時に脚の外側で体重を受けるような走り方になっていることが、腸脛靭帯に負担をかけ、発症し、長引かせる大きな要因になります。

左右の足がバランス良く接地できるように骨盤からの調整が必要になります。他に足首の古い捻挫などにより負担をかけているケースもあります。

ご予約・お問い合わせは、お電話またはメールフォームより受付けしております

 

【完 全 予 約 制】

※「ホームページを見て」とお伝え頂くとスムーズです

玉造・鶴橋駅から徒歩7分

あゆむ整骨院

〒543-0015 大阪市天王寺区真田山町2-2

東興ビル102